×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ビジネスマナー 手紙の常識

ビジネスマナーで手紙の書き語って難しいですよね。普通の手紙と違い、ビジネスマナーでの手紙の書き方は正式に書かないと常識を疑われることがありますので、注意して書いていきましょう。
ビジネス上の封筒の書き方や手紙のビジネスマナーでの注意点は、字の大きさ、字間のバランスに注意しましょう。あまりにも大きさがアンバランスだったり、字が離れているとみっともないですよ。
次に住所が長くなるときつめ過ぎずに二行にわけて書きましょう。 株式会社を書く際、(株)のように省略をしないようにしましょう。 あと必ず郵便番号を入れましょうね。 住所はあまり右へ寄せすぎず、1−2−3ではなく一丁目ニ番三号と書くようにしてください。
住所と肩書きは小さく、社名、お名前はやや大きく書いていくのはビジネスマナーで手紙の常識です。あと忘れがちですが〆と封じるのは略した形でマナー違反。封または緘(かん)と書きましょうね。

スポンサード リンク

ビジネスマナー手紙の構成文の順序

ビジネスマナー手紙の書き方や手紙のビジネスマナーでの手紙に書く基本で構成文の順序があります。
まず前文があります。頭語とは拝啓、謹啓などをいれ、時候の挨拶を入れます。受取人の安否とは「いよいよご盛栄のこととお慶び申しあげます」などを入れていきます。
次におこしや本文といわれる主文を入れます。おこしとは「さて、ついては、さっそくですが、」などです。本文とはあなたが相手方に伝えたい内容です。
次に結びの言葉や結語といわれる末文です。 結びの言葉とは「書中をもってお礼申し上げます」などです。 結語とは敬具、敬白などですが必ず頭語と連動させてください。拝啓ならば敬具 謹白ならば敬白です。
日付や署名や宛名などの後付を記載します。最後に、追伸などの添え文を書きます。 「追伸 お取引につきご不満な点がございましたら、ぜひご教示いただきたく、よろしくお願い申しあげます。」などと書いていきます。
ビジネスマナー手紙の書き方がありますのでよく勉強していくといいと思います。

ビジネスマナーの手紙のタブー

ビジネスマナーの手紙の書き方は用件を正確・明瞭・簡潔に伝えることが重要です。そのためには『結論優先』が原則です。タイトルをつけて、内容がひと目でわかるようにするといいでしょう。
簡潔な文章にして分かりやすくしましょう。 事実は正確に書いていきましょう。誤ったものや古いデータをうのみにするのも間違いが出やすくなりますので使わないようにする。
わかりやすいことばを使うようにしましょう。書いたら読み返すようにしましょう。大体間違いが出ているものです。くれぐれも注意をして下さい。
ビジネスマナーの手紙でオフィシャルレターでタブーがあります。 あらたまった縦書きの手紙文の場合、目上の人の名前などが行末に来たり、2行にまたがるのは、失礼に当たります。相手に関することばはなるべく行の頭にくるように、自分の名前などは行末にくるよう文章を配分するようにしましょう。
あと商品名・地名・数字・熟語も、2行にまたがらないようにするようにしてください。ビジネスマナーの手紙の書き方を勉強していきましょう。

Copyright © 2008 ビジネスマナー手紙の書き方講座